屋根リフォームとは

屋根のリフォームをする前に・まずは専門家に相談

2018年04月16日 10時44分

できれば1年に1回、専門家に屋根の状況をチェックしてもらえれば最高です。なかなかそういうわけにもいかないかもしれませんが、定期的なチェックは、結果的にはコストを下げることにつながります。
 
専門家にチェックしてもらうべきもっとも重要な場所
屋根(屋根材)
あたりまえですが、屋根の状態を専門家にじっくりとチェックしてもらう必要があります。専門家は屋根の状況を見て、たとえば現状の屋根材、屋根の角度、劣化具合などを総合的に判断して、どのような工事が必要かを現実的に判断してくれます。
 
劣化がそれほど進んでいないようであれば、塗装作業のみで済みますし、カバー工法を勧められる場合もあるでしょう。
 
葺き替えが必要な場合であっても、専門家であれば、屋根の形状や家の雰囲気から、屋根材の種類についても、メリットとデメリットを考えた上で、現実的なアドバイスをしてくれます。
 

屋根のリフォーム豆知識

屋根のリフォームは、一生に何度も経験するといった類いのものではありません。そのため、誰でも知らないことは多いものです。屋根のリフォームをする際に、ちょっと知っておきたい豆知識をご紹介します。
 
職人さんへのお茶やお菓子
職人さんにお茶やお菓子を出さなければと気にしている方は意外と多くいらっしゃいます。こればかりは気持ちですから、特に出さなければいけないという決まりはありません。ただ、お茶菓子を挟んで、作業の進捗状況を聞いてみるのも良いかもしれません。意外と物静かに見えて話し好きの職人さんは多いものです。
 
屋根葺き替えの際に室内はどうなるのか?
屋根葺き替え中は、家の中がどうなるのか少し気になります。結論から言ってしまえば、心配ご無用。いつも通りの生活が送れます。作業は主に屋根の上で行われます。
 
葺き替え工事中に雨が降っても大丈夫なのか?
屋根の葺き替え中に雨が降ってきたら、雨漏りするのではないかとご心配の方もいらっしゃるようです。葺き替え中で、たとえ屋根材を下ろした状態の屋根であっても、元々雨漏りの問題が無い限りは雨漏りすることはありません。